読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村の川(井戸)にて

探していた、川(井戸)が、住んでる場所のすぐ、下にあるのもラッキーだった。
そこで、「いつも、誰かに助けられているね、水に関係ある仕事をしたら、いいよ」
と声が、したような、そんな話しを友達としていたら、私は、邪魔が、はいって、身動きが、とれなくなったのよ。えっ、こんなこともあるんだ‼
そうだね、私もそれだったのかな?
体が、だるくて、ものすごい睡魔が、
きて、すぐにでも外に出たいのに、夕方になってしまったこと。